予想時事問題 2019年6月後半内容

スポンサーリンク

こんにちは、育伸開発です。
7月に入りましたので、6月後半内容について時事問題を作成しました。一問一答形式になっています。ご参考下さい。
なお、解答の下にダウンロード用のファイルを設置しました。A4サイズのPDFファイルとなっていますので、ダウンロード後プリントアウトしてご活用下さい。また、カッコ付きの時事問題プリントも作りましたので、そちらも併せてご利用下さい。

2019年6月後半・問題

1.6月18日に、アメリカ合衆国で2020年の大統領選挙に立候補することを表明した現職大統領は誰ですか。

2.その人物は何という政党に所属していますか。

3.6月20日に北朝鮮を訪れた中国の国家主席は誰ですか。

4.その人が訪れた北朝鮮の都市はどこですか。

5.そこで出迎えた北朝鮮の指導者は誰ですか。

6.6月21日にアメリカNBAでドラフト会議が行われましたが、その会議で日本人初の1巡目指名を受けたのは誰ですか。

7.その人物が行っているスポーツは何ですか。

8.6月26日にある年のオリンピック・パラリンピックの開催場所が決まりましたが、それは何年の何季大会ですか。

9.その大会の開催国はどこですか。

10.その大会の共催都市はどことどこですか。

11.6月27日に日本オリンピック委員会の会長が新選出されましたが、それは誰ですか。

12.6月28日・29日の両日開かれたサミットの参加国・地域数の合計はいくつですか。

13.サミットの開催国はどこですか。

14.サミットの議長国はどこですか。

15.サミットの開催都市はどこですか。

16.サミットの議長を務めたのは誰ですか。

17.サミットでは環境問題について共通目標が定められましたが、それは何といいますか。

18.地球温暖化問題についてサミットで19カ国が協定を実施する確認をしましたが、それは何協定ですか。

19.その協定を離脱することを表明しているのはどこの国ですか。

20.サミット後に韓国を訪問し、その後電撃的に南北国境線を越えた大統領は誰ですか。

21.それを出迎えた北側の人物は誰ですか。

22.南北国境線を越えるために訪れた都市はどこですか。

23.国境線まで大統領を連れて行った韓国の大統領は誰ですか。



2019年6月後半・解答

1.6月18日に、アメリカ合衆国で2020年の大統領選挙に立候補することを表明した現職大統領は誰ですか。 ドナルド・トランプ大統領

2.その人物は何という政党に所属していますか。 共和党

3.6月20日に北朝鮮を訪れた中国の国家主席は誰ですか。 習近平国家主席

4.その人が訪れた北朝鮮の都市はどこですか。 平壌(ピョンヤン)

5.そこで出迎えた北朝鮮の指導者は誰ですか。 金正恩朝鮮労働党委員長

6.6月21日にアメリカNBAでドラフト会議が行われましたが、その会議で日本人初の1巡目指名を受けたのは誰ですか。 八村塁選手

7.その人物が行っているスポーツは何ですか。 バスケットボール

8.6月26日にある年のオリンピック・パラリンピックの開催場所が決まりましたが、それは何年の何季大会ですか。 2026年冬季大会

9.その大会の開催国はどこですか。 イタリア

10.その大会の共催都市はどことどこですか。 ミラノ、コルティナダンペッツォ

11.6月27日に日本オリンピック委員会の会長が新選出されましたが、それは誰ですか。 山下泰裕氏

12.6月28日・29日の両日開かれたサミットの参加国・地域数の合計はいくつですか。 20

13.サミットの開催国はどこですか。 日本

14.サミットの議長国はどこですか。 日本

15.サミットの開催都市はどこですか。 大阪市

16.サミットの議長を務めたのは誰ですか。 安部晋三首相

17.サミットでは環境問題について共通目標が定められましたが、それは何といいますか。 大阪ブルー・オーシャン・ビジョン

18.地球温暖化問題についてサミットで19カ国が協定を実施する確認をしましたが、それは何協定ですか。 パリ協定

19.その協定を離脱することを表明しているのはどこの国ですか。 アメリカ合衆国

20.サミット後に韓国を訪問し、その後電撃的に南北国境線を越えた大統領は誰ですか。 ドナルド・トランプ大統領

21.それを出迎えた北側の人物は誰ですか。 金正恩朝鮮労働党委員長

22.南北国境線を越えるために訪れた都市はどこですか。 板門店

23.国境線まで大統領を連れて行った韓国の大統領は誰ですか。 文在寅大統領

6月後半一問一答sizeA4.pdf (26 ダウンロード)

6月後半カッコ付き問題と解答sizeA4.pdf (14 ダウンロード)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする