【保健体育のテスト向け】スポーツ時事問題2022年8月&9月

スポンサーリンク

こんにちは、育伸開発です。

アメリカで野球の神様と言われる人の記録が104年ぶりに達成されました。打っても投げても一流であることの証ですね。素晴らしい!そんな出来事があった8月と9月の内容を一問一答形式で問題にしました。定期テスト対策などに役立てて下さい!

2022年8月9月・問題

1.104年ぶりの大記録がアメリカのプロ野球界で生まれました。投手として10勝以上、打者としても10本以上のホームランを打つことは近年ではまずあり得ません。この記録を達成した選手は誰ですか。

2.上記の記録を100年達成した選手が所属しているアメリカのプロ野球チームはどこですか。

3.104年前に上記の記録を達成した選手は野球の神様と呼ばれています。その選手は誰ですか。

4.ゴルフの女子全米アマチュア選手権で、日本の高校生が優勝しました。日本人が優勝したのは1985年の服部道子選手以来の快挙となりましたが、それは誰ですか。

5.高校野球の全国大会である、夏の甲子園大会の決勝戦が行われました。この大会では東北勢の高校が初めて優勝したのでした。優勝校の都道府県はどこですか。

6.また、夏の甲子園大会で優勝したのはどこの高校ですか。ちなみに決勝戦で敗退したのは山口県の下関国際高校でした。

7.競泳の日本大学選手権が開催され、2種目で優勝した選手がいます。この選手は白血病を乗り越え、大学生活最後のインカレ出場となりました。50メートル自由形と、100メートル自由形の2種目で優勝した女子選手の名前は何ですか。

8.上記の2種目で優勝した選手はある大学の主将を務めました。どこの大学でしたか。

2022年8月9月・解答

1.104年ぶりの大記録がアメリカのプロ野球界で生まれました。投手として10勝以上、打者としても10本以上のホームランを打つことは近年ではまずあり得ません。この記録を達成した選手は誰ですか。 大谷翔平(おおたに しょうへい)

2.上記の記録を100年達成した選手が所属しているアメリカのプロ野球チームはどこですか。 エンゼルス

3.104年前に上記の記録を達成した選手は野球の神様と呼ばれています。その選手は誰ですか。 ベーブ・ルース

4.ゴルフの女子全米アマチュア選手権で、日本の高校生が優勝しました。日本人が優勝したのは1985年の服部道子選手以来の快挙となりましたが、それは誰ですか。 馬場咲希(ばば さき)

5.高校野球の全国大会である、夏の甲子園大会の決勝戦が行われました。この大会では東北勢の高校が初めて優勝したのでした。優勝校の都道府県はどこですか。 宮城県

6.また、夏の甲子園大会で優勝したのはどこの高校ですか。ちなみに決勝戦で敗退したのは山口県の下関国際高校でした。 仙台育英高校

7.競泳の日本大学選手権が開催され、2種目で優勝した選手がいます。この選手は白血病を乗り越え、大学生活最後のインカレ出場となりました。50メートル自由形と、100メートル自由形の2種目で優勝した女子選手の名前は何ですか。 池江璃花子(いけえ りかこ)

8.上記の2種目で優勝した選手はある大学の主将を務めました。どこの大学でしたか。 日本大学

別の時事問題記事について紹介

他の月の内容を確認したい方や社会の時事問題を勉強したい方は以下のページもご覧下さい。

【最新版】最近数か月の社会の時事問題まとめはこちら

「時事問題」記事一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする