【保健体育のテスト向け】スポーツ時事問題2021年6月

スポンサーリンク

こんにちは、育伸開発です。

日本の女子テニス選手が試合後の記者会見をボイコットしました。運営はそれを非難したのですが、選手はうつ症状を発表したのでした。そんなことが起こった6月内容について、問題を作りました。ご利用下さい。

2021年6月・問題

・6月にテニス四大大会の1つである(      )オープンが開かれ、この大会は(  国名  )で行われる。そんな中、(      )選手が大会中に試合後の記者会見をボイコットした。試合に負けた選手も含めて選手は記者会見を受けることが義務となっており、会見中に選手を傷つける質問がなされる場合がある。そのことを問題視してのボイコットであった。また、(      )選手は初めて四大大会に優勝して以来、ほぼ3年「うつ」の症状に悩まされていることを明かした。

・鳥取県で6月6日に布勢スプリント大会が開かれた。この大会で日本新記録が生まれたわけだが、記録を出したのは(      )選手である。種目は男子100mで、日本記録のタイムは(   )(   )であった。これまでの日本記録はサニブラウン選手が出した9秒97だったが、0.02秒記録更新しことになる。

・女子プロゴルフ界から朗報が届いた。弱冠19歳ながら、ゴルフのメジャー大会で優勝した選手が今月現れたのだ。(      )選手が全米女子オープンで日本人同士のプレーオフ対決を制し優勝した。ゴルフのメジャー大会で優勝した女子選手はこれで3人となった。

・アメリカのプロ野球界で、投手と打者の両方を器用にこなす(  漢字3文字  )の日本人選手がいる。スポーツニュースで話題に出ない日が珍しいくらいである。その人物とは(     )選手であり、所属チームはアメリカのロサンゼルスを本拠地にしている(      )である。日本時間の16日には試合の4打席目に第18号のホームランを打ち、これによりホームラン争いで第2位となった。今後も活躍が期待される。

2021年6月・解答

・6月にテニス四大大会の1つである全仏オープンが開かれ、この大会はフランスで行われる。そんな中、大坂なおみ選手が大会中に試合後の記者会見をボイコットした。試合に負けた選手も含めて選手は記者会見を受けることが義務となっており、会見中に選手を傷つける質問がなされる場合がある。そのことを問題視してのボイコットであった。また、大坂なおみ選手は初めて四大大会に優勝して以来、ほぼ3年「うつ」の症状に悩まされていることを明かした。

・鳥取県で6月6日に布勢スプリント大会が開かれた。この大会で日本新記録が生まれたわけだが、記録を出したのは山縣亮太(やまがた りょうた)選手である。種目は男子100mで、日本記録のタイムは995であった。これまでの日本記録はサニブラウン選手が出した9秒97だったが、0.02秒記録更新しことになる。

・女子プロゴルフ界から朗報が届いた。弱冠19歳ながら、ゴルフのメジャー大会で優勝した選手が今月現れたのだ。笹生優花(さそう ゆうか)選手が全米女子オープンで日本人同士のプレーオフ対決を制し優勝した。ゴルフのメジャー大会で優勝した女子選手はこれで3人となった。

・アメリカのプロ野球界で、投手と打者の両方を器用にこなす二刀流の日本人選手がいる。スポーツニュースで話題に出ない日が珍しいくらいである。その人物とは大谷翔平(おおたに しょうへい)選手であり、所属チームはアメリカのロサンゼルスを本拠地にしているエンゼルスである。日本時間の16日には試合の4打席目に第18号のホームランを打ち、これによりホームラン争いで第2位となった。今後も活躍が期待される。

では以下、復習の問題を解いてみて下さい!

別の時事問題記事について紹介

他の月の内容を確認したい方や社会の時事問題を勉強したい方は以下のページも是非見て下さいね。

【最新版】最近数か月の社会の時事問題まとめはこちら

「時事問題」記事一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする