【社会の予想時事問題】2022年1月内容

スポンサーリンク

こんにちは、育伸開発です。

このページでは2022年の1月内容に絞ってあります。ご利用下さい。

2022年1月・問題

1.1月1日に、日本と韓国と中国や東南アジア諸国連合などが参加する地域的包括的経済連携協定が発効しました。この経済圏は世界のGDPのうち3割を占める巨大なものです。この経済圏をカタカナで何といいますか。

2.上記カタカナをアルファベット4文字に直すと何になりますか。

3.1月9日に元首相が91歳で亡くなりました。湾岸戦争が起こり、自衛隊をペルシャ湾に送って機雷除去をさせた時の首相でもあります。1989年8月に第76代首相に就任したこの人物とは誰ですか。

4.1月22日に、ある条約が発効してから1年が経ちました。アメリカなどのある武器を保有している国は参加していません。日本は保有していないですが、アメリカとの関係もあり、同様に参加していません。それは何という条約ですか。

5.南太平洋のある島国で火山の噴火が起こりました。それにより日本でも津波の影響を受けました。それはどこの国ですか。ちなみにその国はニュージーランドの北北東にあります。

6.クリミア半島を強引に併合したことのある国が、ウクライナという国の近くに部隊を集めており、その国に軍事進攻をする可能性があると言われています。それはどこの国ですか。

7.上記の国の大統領は誰ですか。

8.1月25日の新型コロナウイルス感染者が全国で6万人を越えました。今までのデルタ株より感染力が強いとされている、現在流行しているのは何株ですか。

9.1月に入りミサイル発射実験を繰り返しているアジアの国はどこですか。

10.上記のミサイル発射実験を行っている国の政治的リーダーは誰ですか。

11.岸田首相はある県のある島の金山について、世界文化遺産登録の推薦をすることを発表しました。それは何県の何という島についてですか。

12.世界遺産を登録する国連の機関とは何ですか。

2022年1月・解答

1.1月1日に、日本と韓国と中国や東南アジア諸国連合などが参加する地域的包括的経済連携協定が発効しました。この経済圏は世界のGDPのうち3割を占める巨大なものです。この経済圏をカタカナで何といいますか。 アールセップ

2.上記カタカナをアルファベット4文字に直すと何になりますか。 RCEP

3.1月9日に元首相が91歳で亡くなりました。湾岸戦争が起こり、自衛隊をペルシャ湾に送って機雷除去をさせた時の首相でもあります。1989年8月に第76代首相に就任したこの人物とは誰ですか。 海部俊樹(かいふ としき)

4.1月22日に、ある条約が発効してから1年が経ちました。アメリカなどのある武器を保有している国は参加していません。日本は保有していないですが、アメリカとの関係もあり、同様に参加していません。それは何という条約ですか。 核兵器禁止条約

5.南太平洋のある島国で火山の噴火が起こりました。それにより日本でも津波の影響を受けました。それはどこの国ですか。ちなみにその国はニュージーランドの北北東にあります。 トンガ

6.クリミア半島を強引に併合したことのある国が、ウクライナという国の近くに部隊を集めており、その国に軍事進攻をする可能性があると言われています。それはどこの国ですか。 ロシア

7.上記の国の大統領は誰ですか。 プーチン

8.1月25日の新型コロナウイルス感染者が全国で6万人を越えました。今までのデルタ株より感染力が強いとされている、現在流行しているのは何株ですか。 オミクロン株

9.1月に入りミサイル発射実験を繰り返しているアジアの国はどこですか。 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)

10.上記のミサイル発射実験を行っている国の政治的リーダーは誰ですか。 金正恩

11.岸田首相はある県のある島の金山について、世界文化遺産登録の推薦をすることを発表しました。それは何県の何という島についてですか。 新潟県佐渡島

12.世界遺産を登録する国連の機関とは何ですか。 ユネスコ(UNESCO、国連教育科学文化機関)

2022年1月内容 ダウンロードプリント

以下印刷用プリントです。A4サイズに設定してあります。ご利用下さい。

一問一答形式 2022年1月内容 時事問題 (607 ダウンロード)

カッコ付時事問題 2022年1月内容 (364 ダウンロード)

他の時事問題を紹介

以下、他の月の内容も確認できますのでご覧下さい。

「時事問題」記事一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする