【保健体育のテスト向け】スポーツ時事問題2020年9月

スポンサーリンク

こんにちは、育伸開発です。

女子テニス選手がやってくれました。通算で3度目の優勝です。おめでとうございまーす^^

アメリカの野球では日本人選手が活躍していますし、いいニュースが入ってきています。そんな9月のスポーツ時事問題を穴埋め形式で出していきますね。

2020年9月・問題

・9月12日に、あるテニスの四大大会の決勝戦が行われた。その四大大会とは(     )である。その名の通り、行われた国は(     )。そしてこの大会で優勝したのは(     )選手である。(     )での優勝は今回で2回目となった。他の四大大会も含めた優勝回数は合計で3回となった。今大会で(     )選手は入場時に黒のマスクを身に着けていた。黒人差別で亡くなった人々の名前が書いてあり、人種差別に抗議していたためだ。7着マスクを用意していたそうだが、決勝戦まで7戦を行ったので、すべてのマスクを使ったことになる。

・日本のプロ野球からアメリカに移籍して今年から活躍している選手がいる。その人はレイズの(       )選手である。日本では横浜DeNAベイスターズに在籍していた(       )選手だが、アメリカ時間の11日にレッドソックスとの闘いで第7号ホームランを打った。他にも防御率が1点台のダルビッシュ有投手が活躍を見せている。

・9月11日に、スポーツ庁の長官についての人事が発表された。発表したのは(     )省である。そして10月から新しくスポーツ庁の長官になるのは(       )氏であることがわかった。2004年のアテネオリンピックではハンマーを投げるとともに雄たけびをあげ、結果金メダルを取った人物である。しかもイケメン。

・国際オリンピック委員会の調整委員長であり、なおかつ委員会の副会長であるジョン・コーツ氏が発言を行った。内容は来年の東京オリンピックについてで、新型コロナウイルスの感染状況に関係なく開幕は来年(   )月(   )日に行われるというものだった。また、国際オリンピック委員会の略称を3文字で表すと(     ) となる。

2020年9月・解答

・9月12日に、あるテニスの四大大会の決勝戦が行われた。その四大大会とは全米オープンである。その名の通り、行われた国はアメリカ合衆国。そしてこの大会で優勝したのは大坂なおみ選手である。全米オープンでの優勝は今回で2回目となった。他の四大大会も含めた優勝回数は合計で3回となった。今大会で大坂なおみ選手は入場時に黒のマスクを身に着けていた。黒人差別で亡くなった人々の名前が書いてあり、人種差別に抗議していたためだ。7着マスクを用意していたそうだが、決勝戦まで7戦を行ったので、すべてのマスクを使ったことになる。

・日本のプロ野球からアメリカに移籍して今年から活躍している選手がいる。その人はレイズの筒香嘉智(つつごう よしとも)選手である。日本では横浜DeNAベイスターズに在籍していた筒香嘉智選手だが、アメリカ時間の11日にレッドソックスとの闘いで第7号ホームランを打った。他にも防御率が1点台のダルビッシュ有投手が活躍を見せている。

・9月11日に、スポーツ庁の長官についての人事が発表された。発表したのは文部科学省である。そして10月から新しくスポーツ庁の長官になるのは室伏広治(むろふし こうじ)氏であることがわかった。2004年のアテネオリンピックではハンマーを投げるとともに雄たけびをあげ、結果金メダルを取った人物である。

・国際オリンピック委員会の調整委員長であり、なおかつ委員会の副会長であるジョン・コーツ氏が発言を行った。内容は来年の東京オリンピックについてで、新型コロナウイルスの感染状況に関係なく開幕は来年7月23日に行われるというものだった。また、国際オリンピック委員会の略称を3文字で表すと IOC となる。

他の時期のスポーツ問題や社会の問題を知りたい方は以下の時事問題記事一覧をご参照下さい。
「時事問題」記事一覧
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする